ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 審査会

最高金賞が34点  金賞は160点

「世代」「業態」「国」の境界を超えて日本酒を広げることを目指す当アワードは、7年目の今回、242蔵元から過去最高の673点のエントリーを頂戴することができました。2月24日に厳正な審査をおこない、最高金賞34点、金賞160点を選考いたしました(入賞数194点 入賞率28.8%)。
表彰式&入賞酒お披露目会は、4月18日(火)午後にアカデミーヒルズ(港区六本木)で開催します。

詳しい結果はこちら

■審査結果
最高金賞 ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門*
(*1.8L 2600円以下で中容量の商品があるもの)
18点(18/324点 入賞率5.6%)
スパークリングSAKE部門 4点(4/60点 入賞率6.7%)
大吟醸部門 12点(12/289点 入賞率4.2%)

金賞 ワイングラスでおいしい日本酒アワード メイン部門 72点(72/324点 入賞率22.2%)
スパークリングSAKE部門 15点(15/60点 入賞率25.0%)
大吟醸部門 73点(73/289点 入賞率25.3%)


■審査概要
日時・会場 2017年2月24日(水)  於ステーションコンファレンス万世橋(東京地千代田区)
審査員 【審査チームリーダー】(五十音順)
蟻川幸彦(長野県工業技術総合センター部門長)、石川雄章(日本醸造協会顧問)、岡崎直人 (日本醸造協会会長)、數岡孝幸(東京農業大学准教授)、神谷昌宏(元大阪国税局鑑定官室)、 須藤茂俊(日本酒造組合技術顧問)、高橋康次郎(元東京農業大学教授)

【一般審査員】(五十音順)
浅沼芳征(蔵家)、浅野弘義(秋田屋)、新井俊之(アライ)、遠藤誠(遠藤利三郎商店)、おおくぼかずよ(SSI認定日本酒学講師)、 狩野卓也(酒文化研究所)、小島稔(流通情報企画)、 庄司大輔(RSNジャパン)、菅波葉子(RAINBOW SAKE)、竹川数朗(東急百貨店)、津久浦慶明 (コンタツ)、渡嘉敷直也(南島酒販)、刀禰俊哉(元・国税庁酒類担当審議官)、中野未知子(トランスコスモス)、中東篤志(OneRiceOneSoup INC.)、橋本圭(懐石遊膳橋本)、前田嘉夫 (いまでや)、升本和彦(升本総本店)、松本洋平(かもしや淳吟)、森田真衣(ミス日本酒2014)、 簗塲由何里(〼福)、山本慎吾(三越伊勢丹)、 Antonio Bozzo (Journalist)、Roberta Schira (Journalist)、Lorenzo Ferraboschi (sakecompany.com)、 Michele brando(Zuma Roma)、Simone Baggio(ALCHIMISTA)、Leonardo Leuci (Jerry Thomas Project)
審査方法 リーデル大吟醸グラスを使いブラインド官能テストで7段階評価
主催 ワイングラスでおいしい日本酒アワード実行委員会
実行委員 コンタツ(株)、(株)佐浦、(株)酒文化研究所、辰馬本家酒造(株)、人気酒造(株)、(株)流通情報企画
協賛 RNS JAPAN(リーデル・ジャパン)(株)
後援 日本酒造組合中央会
審査会の様子


ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 入賞酒お披露目会のご案内

この度、入賞酒お披露目会を開催する運びとなりました。ご賞味いただくのは、スパークリングSAKE部門、アワード メイン部門(手頃な価格の商品)、大吟醸部門の入賞酒約150点。50社を超える入賞蔵元が情報発信スポット“六本木ヒルズ”で一堂に会します。つくり手と会話しながらリーデル大吟醸グラスでテイスティングできる、またとない機会です。

開催日 2017年4月18日(火)
会場 アカデミーヒルズ49階タワーホール(東京都港区六本木)
1. 試飲商談会 【時間】  15:10~17:10(120) *販売店様、料飲店様限定
【会費】  無料
【申込み】 ワイングラスでおいしい日本酒アワード公式サイトよりご登録ください

お申し込みはこちらから
2. お披露目会 【時間】  18:45~20:45(120)
【会費】  前売り 5000円(税込) 軽食・リーデルオー大吟醸グラス(2200円)付
      当日  6000円(税込み)
【定員】  各300人(先着)
【申込み】 ヤフーパスマーケットよりご購入ください

お申し込みはこちらから



主催 ワイングラスでおいしい日本酒アワード実行委員会
実行委員 コンタツ(株)、(株)佐浦、(株)酒文化研究所、辰馬本家酒造(株)、人気酒造(株)、(株)流通情報企画
協賛 RNS JAPAN(リーデル・ジャパン)(株)
後援 日本酒造組合中央会